トップページへ

JOBシゴトフェア

  • 転職フェア

  • 料金 / 210,000円~ ※媒体掲載とセット

  • 対応地域 / 東海

【編集部より】媒体+フェアの基本パックで21万円~。より多くの求職者へアプローチが可能。

来場者の8割が愛知県在住と地域特化したフェアイベント。3月開催時の1社平均面談人数は17.9人、来場者の7割弱が大学卒、うち理系が2割。現在職種は「販売・サービス」が3割、希望職種は「販売・サービス」「営業」「事務」が3割を超えているのが特徴。

JOBシゴトフェアの掲載をお考えの採用担当者様へ
「この媒体に詳しい採用のプロを探す」ボタンから「JOBシゴトフェア」を取り扱う採用のプロ(求人広告営業担当)を探すことができます。人材業界の第一線で活躍する採用のプロが、詳しい説明や料金についてはもちろん、御社の採用課題に合わせて最適なプランをご提案します。ご相談は無料です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

JOBシゴトフェアの特長

毎回100社近い企業様が参画する東海エリア最大級のフェアイベント

3月開催時には20~30代を中心にした約650名が来場。8割が愛知県在住と通勤40~50分圏内の人が中心。1企業に対して20名弱が着席し、1/4が次のステップに進むなどして、参画企業には高い満足度を獲得。
http://job.atimes.co.jp/sf/nagoya

事前広告掲載で興味を持った「潜在的応募者層」を呼び込む

名古屋市営地下鉄駅改札付近のラックに設置してある『DOMO!名古屋版』 、TVCM の放映や JR・名古屋市営地下鉄の車内に掲出する広告で、「JOBシゴトフェア」の告知と認知を強化。PRだけでなく求人情報も事前に告知しており、フリーペーパー『DOMO!名古屋版』に2週間、ネットメディアである『DOMO!NET』『JOB』に4週間、事前告知として特設コーナーで求人情報を掲載、募集広告だけでは決めきれない「潜在的応募者層」をリアルイベントに接続して求職者へ多角的にアプローチが進む仕掛けを作っている。

販売サービス職経験者が35%

来場者の経験職種のトップは「販売サービス職」で34%。希望職種も同職がトップで36%。この領域のスコアが高いことが大きな特徴。希望職種は事務職35%、営業職29%、製造系職種18%の順で続いている。

今後もほぼ2~3か月おきに開催予定

2016年は 9月19日(月)、11月7日(月)、2017年前半は2月27日(月)、5月29日(月)の開催が決定。場所はすべてウインクあいち。9月19日(月)は初の試みとしての女子向けの就職・転職フェアとなっている。
※申込締切・参画までの準備など、詳しくは取扱い営業にお問い合わせください。

TOP