人材採用A to Z

店長一人でがんばらない!アルバイトの育成・定着 - バイトテロ

公開日:2014/09/10

アルバイトがSNSでお店の情報を投稿することは制限した方が良いですか?

最近、いわゆる「バイトテロ」が大きな問題となっています。そもそも「バイトテロ」とはどんなもので、原因はどういったことなのでしょうか。また、アルバイトにどのような教育をしたら防げるかも教えてください。

人材採用のお役立ち情報が満載メルマガ登録はこちら!(無料)

職場に関する投稿はリスクを伴うことを認識させる。


バイトテロとは

就業中のアルバイトが職場の設備を用いて悪ふざけをする様子がインターネットなどで拡散し、雇用している企業に多大な損害を与えることが社会問題となっています。このような事態は、アルバイトによるテロ行為ということで「バイトテロ」と呼ばれています。
バイトテロは企業の業務を妨害するものとして、威力業務妨害罪(刑法234条)に該当し、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられます。また、民事上の損害賠償責任も発生します。販売する商品を廃棄することになれば、当該商品の代金が損害となりますし、店舗などが休業や閉店に追い込まれると、営業利益という高額の損害も生じます。

友人への自慢のつもりが炎上

バイトテロの要因としては、スマートフォンの普及により画像の投稿が身近になったことと、アルバイトがインターネットやSNSの特徴をきちんと理解していなかった点が挙げられます。不特定多数が閲覧できてしまうSNSの特徴を十分に理解しないまま、友人に自慢するような軽い気持ちで画像をアップロードし、結果的に「テロ」になってしまうことも少なくありません。

職場と自分へのダメージを正しく理解させることが重要

日頃からアルバイトとも売り上げなどの経営数値を共有し、バイトテロが起こってしまったときのリスクなどをきちんと伝えていくことも重要です。さらに、アルバイト本人も、プライバシーがネット上で半永久的に晒されたり、多くの民事及び刑事上の責任を負うことを認識させるなど、ことの重大性を理解してもらう取組みを行いましょう。

■関連記事

回答:ツナグ働き方研究所

無料メールマガジンのご案内

メルマガ登録

ご登録はこちらから

採用・育成のノウハウや成功事例のご紹介、最新の業界トピックスなどをまとめたお役立ち情報を好評配信中!ご登録は無料です!

無料メルマガ登録はこちら

一覧へ戻る

採用ご担当者様・店長様向け新規無料会員登録キャンペーン!

無料メールマガジン

人材採用に関するお役立ち情報満載のメールマガジンをお届けします。

ユーザー登録はこちら

TOP