人材採用A to Z

店長一人でがんばらない!アルバイトの育成・定着 - コミュニケーション

公開日:2014/11/01

自分よりも経験が豊富なアルバイトへの接し方は?

飲食業です。店長として配属された店舗に、自分よりも経験が豊富で年上のアルバイトが勤務していました。このアルバイトからすれば、自分は「年下で経 験も浅い上司」という存在です。どう接したら良いでしょうか。

人材採用のお役立ち情報が満載メルマガ登録はこちら!(無料)

気を遣い過ぎる必要はありません。

店長としての職務を全うすることが重要

店長の仕事は「優秀なスタッフを使いこなすこと」です。決して全てにおいて最も優秀である必要はないのです。しかし、店長だからといって必要以上に偉そ うにしたり、媚びへつらったりするのは逆効果です。

ベテラン、新人の区別なく全従業員に敬語で接し、呼び方は「名字+さん」で統一しましょう。長年働いてもらっていることへの感謝の気持ちを忘れず、敬意 を払って接することがポイントです。

感謝と敬意をもって接する

経験豊富なアルバイトには、得意分野でリーダーシップをいかんなく発揮してもらいましょう。優れている業務があれば、店長からすすんで仕事を教わったり 、その店舗や土地の雰囲気、特徴などを聞いてみたりするのも有効です。

無理に褒めようとせず、相手の行動を観察し、認める気持ちで接することも重要です。

褒めることに慣れていないと、どうしても「上から目線」の物言いになったり、容姿など業務と関係ない部分を褒めてしまったりして、トラブルにつながるお それがあります。 「よくやってくれて偉いですね」でなはく「あなたの働きぶりをいつも見て、感謝していますよ」という言葉をかけるようにしましょう。

ベテランアルバイトは職場の財産

店長よりも経験豊富なアルバイトが在籍していることは、その店舗にとって大きなメリットです。決して接し方に困るなどと思わず、能力を認め、尊重しなが ら接していきましょう。

回答:株式会社ラホス 代表取締役 宮元雅章
株式会社ラホス http://www.lhs-m.jp/
「串むすび」「銀のさら」ブランド運営の直営事業、店長派遣、マネージャー派遣等のコンサルティング事業を行なっており、「世界で一番人を大切にする」 を企業理念としている。店舗で働く従業員に対してもその想いは一環。アルバイト・パートを育成・戦力化し、定着させることにも一定の評価がある。日本の 飲食業界をリードする企業に送られる"ビジョナリー飲食企業100社"にも選出されている。

無料メールマガジンのご案内

メルマガ登録

ご登録はこちらから

採用・育成のノウハウや成功事例のご紹介、最新の業界トピックスなどをまとめたお役立ち情報を好評配信中!ご登録は無料です!

無料メルマガ登録はこちら

一覧へ戻る

採用ご担当者様・店長様向け新規無料会員登録キャンペーン!

無料メールマガジン

人材採用に関するお役立ち情報満載のメールマガジンをお届けします。

ユーザー登録はこちら

TOP