人材採用A to Z

店長一人でがんばらない!アルバイトの育成・定着 - 従業員満足度アップ

公開日:2014/11/01

従業員満足度を高める方法はありますか?

従業員満足度を高めると、アルバイト一人ひとりだけでなく顧客や職場にも良い影響を与えると思います。働くうえでのやりがいを感じてもらうためには、雇用者側はどのようなことに気を配ったら良いでしょうか。

人材採用のお役立ち情報が満載メルマガ登録はこちら!(無料)

環境を整えたうえで、適正な評価をしましょう。

従業員一人ひとりによって求めるものがさまざまなため、満足度を上げる方法も多岐に渡ります。ここでは大きく3つに分け、説明します。

POINT
1.気持ちよく働くための環境整備
2.自己成長を感じられるしくみをつくる
3.アルバイトの努力に対する適正な評価

1.気持ちよく働くための環境整備

従業員が快適に働けるような環境の整えることはとても重要です。これは「最新の設備が揃っている」というようなプラスの要素の積み重ねではなく、「汚れた場所がある」「故障している機器がある」などのマイナス要素をなくしていくことで成り立ちます。

つまり、出来ていて当たり前、出来ていなければ減点です。 従業員が極端に少ないために、休みたい時に休めなかったり、労働時間が長すぎたりといった事象をなくすことも環境整備の一環です。
さらに、さらに、従業員間での派閥がある、問題を起こす従業員がいるなどのトラブルがなく、人間関係が円滑であることも気持ちよく働ける環境整備につながります。

2.自己成長を感じられるしくみをつくる

アルバイトが仕事や教育などを通じて「出来なかったことが出来るようになった」「リーダーを任せてもらえるまでになった」などと実感し、他人から見ても成長を感じられるようなしくみ作りも大切です。

さらに、お客さまからお褒めの言葉をいただいたりすることで「自分が役に立っている」「その場所に自分の居場所がある」と、アルバイト自身が存在意義を感じられるようになれば、高いモチベーションを継続して仕事に取り組むようになるでしょう。

3.アルバイトの努力に対する適正な評価

上記をふまえ、自己成長や存在意義に対する、適正かつ平等な評価を行い、従業員満足度をさらに高めましょう。

評価の表し方は「給料」がもっとも明確であると言えます。正しい人事評価制度のもと、好き嫌いや感覚などの私情をはさまず、冷静に評価することが重要です。
慰労会のようなイベントの開催や、予算達成などに応じたプレゼント、会社の負担で受けられる外部研修など、仕事の努力によって得られる福利厚生の充実も満足度を高めます。
これらは年間でしっかりと計画を立て、何をどうすればどのような評価が得られるのかを常に明確にしておきましょう。

それぞれのアルバイトのモチベーションを知る

モチベーションが高まる要素は人それぞれです。
上記の3つのポイントを参考にしつつ、アルバイト一人ひとりに合ったモチベーションの上げ方を考え、維持・向上を目指しましょう。

回答:株式会社ラホス 代表取締役 宮元雅章
株式会社ラホス http://www.lhs-m.jp/
「串むすび」「銀のさら」ブランド運営の直営事業、店長派遣、マネージャー派遣等のコンサルティング事業を行なっており、「世界で一番人を大切にする」を企業理念としている。店舗で働く従業員に対してもその想いは一環。アルバイト・パートを育成・戦力化し、定着させることにも一定の評価がある。日本の飲食業界をリードする企業に送られる"ビジョナリー飲食企業100社"にも選出されている。

無料メールマガジンのご案内

メルマガ登録

ご登録はこちらから

採用・育成のノウハウや成功事例のご紹介、最新の業界トピックスなどをまとめたお役立ち情報を好評配信中!ご登録は無料です!

無料メルマガ登録はこちら

一覧へ戻る

採用ご担当者様・店長様向け新規無料会員登録キャンペーン!

無料メールマガジン

人材採用に関するお役立ち情報満載のメールマガジンをお届けします。

ユーザー登録はこちら

TOP