人材採用A to Z

店長一人でがんばらない!アルバイトの育成・定着 - 育成

公開日:2014/09/10

店長の「右腕」になるリーダーを育てたい。どうしたら良いでしょうか?

アルバイトを何名か雇っています。この中からアルバイトリーダーを育て、将来的には店長不在時などにも対応できるような体制にしたいと思います。リーダー候補の選出方法や育成方法を教えてください。

人材採用のお役立ち情報が満載メルマガ登録はこちら!(無料)

責任者の持つ権限を、可能な限り移譲しましょう。

雇用者不在の際にも安心して職場を任せられるアルバイトリーダーを育成することは、雇用者の重要な業務です。しかし、そのような人材を育てるのは容易なことではありません。

技能の高さより意識の高さを重視

アルバイトリーダー候補者の選定は、スキル(技能)以上にマインド(意識)重視で行いましょう。アルバイトリーダーというと「どのポジションもこなせる」「作業が早い」などのスキル優先で選んでしまいがちですが、これらは後からでも身につけることができます。
スキル以上に大切なのがマインド面です。顧客や同僚からの信頼を得ているか?会社の理念を深く理解し、大切にしてくれているか?といった人間的な魅力を考慮し、十分に吟味しましょう。
リーダー候補が決定したら、ほかのアルバイトと「差別」するのではなく、任せる仕事を「区別」し、時間をかけてトレーニングしましょう。

「責任感」「仕事への理解」「経験による自信」で成長する

リーダー候補に責任を持って業務に取り組んでもらうために、「権限移譲」はとても効果的です。
判断を要するような仕事の方法や手順、考え方に至るまで、育成担当者はきちんとリーダー候補に教え、担当者のチェックのもと、繰り返し実践させてください。そしてリーダー候補がひとりである程度できるようになったら少しずつ任せていきましょう。その際、なぜこの作業・業務が必要なのかを理論立てて説明してください。正しく理由づけされることで、経験と自信、スキルを高めていくことができ、サービスやホスピタリティーの向上につながります。
権限移譲によって、リーダー候補にはほかのアルバイトの教育を任せられるようになります。リーダー候補本人も責任感や存在意義が増し、さらに高いモチベーションで業務にあたってくれるはずです。

リーダー候補には「店長の右腕」という役割を任せられた経験は、将来きっと自分の役に立つということを繰り返し説明し、自信を与えながら育てていきましょう。

回答:ツナグ働き方研究所

無料メールマガジンのご案内

メルマガ登録

ご登録はこちらから

採用・育成のノウハウや成功事例のご紹介、最新の業界トピックスなどをまとめたお役立ち情報を好評配信中!ご登録は無料です!

無料メルマガ登録はこちら

一覧へ戻る

採用ご担当者様・店長様向け新規無料会員登録キャンペーン!

無料メールマガジン

人材採用に関するお役立ち情報満載のメールマガジンをお届けします。

ユーザー登録はこちら

TOP