人材採用A to Z

店長一人でがんばらない!アルバイトの育成・定着 - 正社員登用

公開日:2014/09/10

アルバイトを正社員に雇用形態を変更するうえでの注意点はありますか?


優秀な人材確保のため、既存のアルバイトから正社員になりたいと考えている従業員を募集し、選考手続きを行いたいと思います。その際に必要な手続きや、注意しておきたいポイントなどを教えてください。

人材採用のお役立ち情報が満載メルマガ登録はこちら!(無料)

公平・公正な選考をしましょう。

アルバイト→正社員登用はとても有効

アルバイトを正社員に登用することで安定して働く環境を与えることは、優秀な人材を確保する上でもとても有効な手段であると言えます。

アルバイトを正社員に登用する際、以下のような手続きをとる必要があります。
(1)正社員を募集する旨をアルバイトに知らせる
(2)その事業所が雇用しているアルバイトにも応募の機会を与える
(3)一定の条件を満たしたアルバイトに対し、正社員登用試験制度を設ける
(4)アルバイトが正社員となるために必要な能力、資格を得るための訓練を実施する
いずれにしても、人によって差をつけることなく、明確な選考基準に基づいた選考(試験・面接・検診等)を行い、公正に実施することが重要です。

雇用保険、社会保険の手続きを忘れずに

また、アルバイトから正社員に登用した場合には、通常の正社員採用の場合と同様に、雇用保険と社会保険の資格取得手続きを行いましょう。

回答:ツナグ働き方研究所

無料メールマガジンのご案内

メルマガ登録

ご登録はこちらから

採用・育成のノウハウや成功事例のご紹介、最新の業界トピックスなどをまとめたお役立ち情報を好評配信中!ご登録は無料です!

無料メルマガ登録はこちら

一覧へ戻る

採用ご担当者様・店長様向け新規無料会員登録キャンペーン!

無料メールマガジン

人材採用に関するお役立ち情報満載のメールマガジンをお届けします。

ユーザー登録はこちら

TOP