人材採用A to Z

応募者を逃さない!応募者への対応・面接のポイント - 不採用者対応

公開日:2014/09/10

不採用の理由を伝える必要がありますか?

アルバイトの応募者を、面接や書類選考などをふまえたうえで不採用とし、その旨連絡をしました。すると「なぜ不採用なのか教えてほしい」と言われました。雇用者側としては、伝えにくいことはできるだけ言いたくないのですが…。

人材採用のお役立ち情報が満載メルマガ登録はこちら!(無料)

理由を伝える必要はありません。

トラブルに発展する可能性も

理由を聞きたがる不採用者にとっては、どのような理由であってもなかなか納得できないものです。しかし、説明しようとすると、どうしても応募者のマイナス面を言わざるをえません。雇用主として妥当な理由であっても、応募者の心情的にはけっして気分のいいものではありませんので、トラブルになる可能性もあります。

「やむを得ず不採用」と誠意をもって伝える

不採用者が不採用であることを納得しない場合は、具体的な理由を述べるよりも「多数の応募があり、選考基準が高くなった。その中で相対評価として不採用とさせていただいた」といった表現が適切かと思われます。不採用者個人に対する「絶対評価」ではなく、「高水準の中での相対評価をした結果、やむなく不採用である」旨を、誠意を持って丁寧に伝えると良いでしょう。

回答:ツナグ働き方研究所

無料メールマガジンのご案内

メルマガ登録

ご登録はこちらから

採用・育成のノウハウや成功事例のご紹介、最新の業界トピックスなどをまとめたお役立ち情報を好評配信中!ご登録は無料です!

無料メルマガ登録はこちら

一覧へ戻る

採用ご担当者様・店長様向け新規無料会員登録キャンペーン!

無料メールマガジン

人材採用に関するお役立ち情報満載のメールマガジンをお届けします。

ユーザー登録はこちら

TOP