人材採用A to Z

応募者を逃さない!応募者への対応・面接のポイント - 面接の基本

公開日:2014/09/10

面接ではどんなことを聞いたら良いですか?

アルバイトの応募者を面接するにあたり、採用担当者が心得ておくべき注意点・ポイントはどんなものがありますか?また、応募者のやる気や熱意を知るために有効な質問があったら教えてください。

人材採用のお役立ち情報が満載メルマガ登録はこちら!(無料)

必要な確認事項のほかに、「どんなことがしたいか」を聞いてみましょう。


面接は対等な立場で

面接は、応募者と会うことで業務適性や人となりなどを総合的に評価し、採用・不採用を決定する機会です。高圧的になることなく、応募者と対等な立場で接するように心がけましょう。
代表的な質問としては「いつから働けるか」や「シフトの希望はあるか」など、共に働くうえで必要なことを確認するものがあります。また、「深夜・早朝営業がある」といった、その職場特有の特徴がある場合も、面接の際にしっかり確認をとり、応募者の理解を得ましょう。

応募者のモチベーションを測る

仕事に対するやる気や意気込みを語ってもらう質問をしてみることも、面接においてはとても有効です。具体的には「アルバイトが決まったら、どんな業務をやってみたいですか?」あるいは「この職場で、自分のどんな能力を生かしたいですか?」などです。
これらの質問を投げかけることによって、アルバイトをする上で希望的かつ具体的なビジョンを描いているか、仕事へのモチベーションはあるかがわかります。

本人の能力に関係ない質問はNG

本籍や家族構成、宗教や支持政党など、適正や能力に関係のない事柄は質問しないようにしましょう。また、女性・男性どちらか一方の性に限定した質問も避けた方が無難です。
(※Q) 面接時に注意したほうが良い点はありますか? 参照)

これらの質問は、場合によっては人権侵害やパワーハラスメントととられる可能性もあります。応募者の基本的人権を尊重し、適性・能力のみで判断しましょう。

回答:ツナグ働き方研究所

無料メールマガジンのご案内

メルマガ登録

ご登録はこちらから

採用・育成のノウハウや成功事例のご紹介、最新の業界トピックスなどをまとめたお役立ち情報を好評配信中!ご登録は無料です!

無料メルマガ登録はこちら

一覧へ戻る

採用ご担当者様・店長様向け新規無料会員登録キャンペーン!

無料メールマガジン

人材採用に関するお役立ち情報満載のメールマガジンをお届けします。

ユーザー登録はこちら

TOP