人材採用A to Z

応募者を逃さない!応募者への対応・面接のポイント - 応募者対応

公開日:2014/09/10

求人広告が掲載される前に準備しておいた方が良いことはありますか?

アルバイトの求人広告を作成し、掲載するにあたって、事前に準備しておいたほうが良いことはありますか?また、応募者へはどのような対応をすれば良いでしょうか。確認事項なども教えてください。

人材採用のお役立ち情報が満載メルマガ登録はこちら!(無料)

従業員全員に、電話対応の仕方を周知徹底しましょう。

第一印象が大切!

電話をかけてきてくれた応募者に対し、丁寧な対応を心がけましょう。
職場に電話がかかってきた場合、多くは現場の従業員が対応します。応募者にとってのファーストコンタクトは、従業員なのです。「応募者に聞くべきことを聞かなかった」「そもそも募集していることを従業員が知らなかった」などということがないよう、くれぐれも留意しましょう。
掲載される求人広告原稿を用いて事前に情報共有し、すべての従業員が対応できるように周知徹底してください。

担当者と応募受付の手順を明確に

応募者とのやりとりの中で不備があると、応募を取りやめるなどのトラブルに発展する可能性があります。応募受付の担当者を決め、担当者にスムーズにつながるよう、従業員の間で受付フローを徹底しておきましょう。
受付日・応募者氏名・連絡先・面接希望日などの確認事項表を事前に準備しておくと、電話を受けた際もあわてずに済みます。

スピーディーな対応を

電話での応募があったときは、可能であればその電話で面接の日程調整をしましょう。応募者の意欲がもっとも高まっているうちに対応することで、採用活動の成功度も変わってきます。メールでも構いませんが、返信がなかなか来ないケースもあります。メールだけで終わらせず、電話連絡をするようにしましょう。話すことで応募者の人となりの手がかりがつかめるため、選考に向けた情報を得られるというメリットもあります。

■応募者への対応のポイントも含め、アルバイト採用のプロがお悩みにお応えします。

回答:ツナグ働き方研究所

無料メールマガジンのご案内

メルマガ登録

ご登録はこちらから

採用・育成のノウハウや成功事例のご紹介、最新の業界トピックスなどをまとめたお役立ち情報を好評配信中!ご登録は無料です!

無料メルマガ登録はこちら

一覧へ戻る

採用ご担当者様・店長様向け新規無料会員登録キャンペーン!

無料メールマガジン

人材採用に関するお役立ち情報満載のメールマガジンをお届けします。

ユーザー登録はこちら

TOP