人材採用A to Z

応募者を逃さない!応募者への対応・面接のポイント - 面接テクニック

公開日:2014/09/10

面接の辞退を防ぐ方法はありますか?

アルバイト募集に応募がありました。以前、応募者に面接を無断でキャンセルされたことが何度かあり、今回こそはきちんと面接まで持っていきたいと思っています。面接を辞退されないためのポイントを教えてください。

人材採用のお役立ち情報が満載メルマガ登録はこちら!(無料)

迅速な対応がカギとなります。

対応の遅れが面接辞退を招く

残念なことですが、面接の日程調整を行ったにもかかわらず、面接前に辞退されてしまう事態もあり得ます。理由としては、「仕事内容が嫌になった」「他での採用が決まった」「応募じたいを忘れていた」「ネット上での評判が悪い」などさまざまですが、「応募した際の対応が遅い・悪い」という「雇用側の対応の遅れ」を理由に挙げる辞退者も少なくありません。

リマインドの電話も有効

求職者におけるその仕事への関心度は、応募したタイミングがピークであるとも言えます。採用担当者は、応募があったら迅速に応募者と連絡を取り、なるべく早い段階で面接できるようにしてください。インターネット経由での応募者に対しても面接の日程調整は電話で行い、直接対話をしておきましょう。
さらに、面接前日までに再度連絡を入れ、面接があることを確認するのも有効です。万が一、すでに他での採用が決まっているなどの理由で辞退の意思を固めていた場合にも、お互いに無駄な時間を費やすことがなくなります。また、時間や場所を忘れてしまったために面接会場に来ない、というケースも防ぐことができます。

ネットでの悪評に注意

応募後にインターネットなどで調べた結果、面接を辞退する応募者も存在します。ネットの世界では「炎上」と言って、ささいなことから思わぬ悪評が立ち、拡散してしまうこともあります。日頃からしっかり情報収集しておき、対策を練っておきましょう。

さらに、履歴書などの書類作成や、面接へ出向くことを面倒くさがる応募者も存在します。応募書類の簡略化や面接連絡時のきめ細やかなフォローによって、可能な限り応募者のストレスを軽減できるようにしましょう。

回答:ツナグ働き方研究所

無料メールマガジンのご案内

メルマガ登録

ご登録はこちらから

採用・育成のノウハウや成功事例のご紹介、最新の業界トピックスなどをまとめたお役立ち情報を好評配信中!ご登録は無料です!

無料メルマガ登録はこちら

一覧へ戻る

採用ご担当者様・店長様向け新規無料会員登録キャンペーン!

無料メールマガジン

人材採用に関するお役立ち情報満載のメールマガジンをお届けします。

ユーザー登録はこちら

TOP