人材採用A to Z

応募者を逃さない!応募者への対応・面接のポイント - 面接テクニック

公開日:2014/12/01

採用後にすぐに辞めそうかどうか、見抜けるような質問はありますか?

アルバイトを採用しても、「想像していた仕事と違う」と言ってすぐ辞めてしまったり、こちらが求めるレベルの人材でなかったりすることがあります。このようなミスマッチを防ぐには、応募者にどんなことを訊けば良いでしょうか?

人材採用のお役立ち情報が満載メルマガ登録はこちら!(無料)

企業理念に沿った質問をしてみましょう。

企業理念や指針とリンクした質問をしてみることは、応募者がその職場に合う人材かどうかを見極めるためにとても有効です。
「お客さまを“感動”させる」ことを第一目標に掲げている職場であれば、「感動」に関する話をしてもらえるような質問が良いでしょう。
どう感動させたいか、といった希望的予測よりは、これまで経験した出来事を話してもらう方がより具体的に応募者の人となりが判断できます。将来的な話はある程度大げさに話せたりするものですが、実際の体験談となると簡単には創作できないからです。
「これまでで感動したエピソードはなんですか?」「どんなことをして人を感動させたことがありますか?」といった質問に対する応募者の答えから、理念や指針がある程度一致していると判断できれば、その応募者が職場の戦力となってくれる可能性は高いと言えます。

マイナスの事柄もきちんと伝える

「残業することがある」「能力テストを実施する」など、応募者にとっては魅力に感じられない事柄がある場合、面接の際に伝えておきましょう。
採用側はなるべく多くの人材を採用したいあまり、実際の勤務体系を伝えなかったり、応募者のモチベーションが下がる話を避けたりしてしまいがちです。しかし、このような伝達不足は「聞いていた話と違う」という採用後のミスマッチを招き、採用者に不信感を抱かせ、早期に退職されてしまうきっかけにもなるのです。

厳しい話は「なぜそうなるのか」を明確にして話す

良い話や希望に溢れた話も大切ですが、応募者にとってマイナスの可能性がある話もしっかりと伝えておきましょう。その際は「なぜそうなるのか」も同時に伝えてください。 「人気の店舗でお客さまが殺到しているから、残業の可能性がある」「お客さまにより良いサービスを提供するために、能力テストをする」など、厳しい話をした時の相手の反応も含め、しっかりと応募者を見極めることが重要です。

回答:ツナグ働き方研究所

無料メールマガジンのご案内

メルマガ登録

ご登録はこちらから

採用・育成のノウハウや成功事例のご紹介、最新の業界トピックスなどをまとめたお役立ち情報を好評配信中!ご登録は無料です!

無料メルマガ登録はこちら

一覧へ戻る

採用ご担当者様・店長様向け新規無料会員登録キャンペーン!

無料メールマガジン

人材採用に関するお役立ち情報満載のメールマガジンをお届けします。

ユーザー登録はこちら

TOP