人材採用A to Z

応募者を逃さない!応募者への対応・面接のポイント - 採用手続き

公開日:2014/11/01

入社前のアルバイトの情報を既存アルバイトに教えても良いですか?

先日採用したアルバイトの初出勤日が近づいてきました。早く打ち解けてほしいので、名前や住んでいる地域、出身校などのアルバイトの情報を既存のスタッフに前もって知らせておこうと思います。問題はあるでしょうか。

人材採用のお役立ち情報が満載メルマガ登録はこちら!(無料)

同意なしで個人情報を開示しないようにしましょう。

同意書へのサインが必要

個人情報とは、氏名、性別、生年月日、住所、学歴などの事実に関する情報のみではなく、個人の判断・評価に関する情報も含め、個人と関連づけられる全ての情報を意味します。したがって、履歴書の内容だけでなく、採用担当者が面接時に見聞きしたことなども全て個人情報に該当します。

入社するアルバイトの情報を既存の従業員へ前もって伝える場合には、入社予定のアルバイトから個人情報収集同意書などに合意をもらった上で、必要最低限の情報のみ開示するようにしましょう。

履歴書一枚でも立派な個人情報

大企業による顧客情報の流出など、個人情報保護法に関わるトラブルは日々深刻化しています。アルバイトの募集のための履歴書であっても、大切な個人情報に違いはありません。取り扱いには十分な注意が必要です。

「名前と年齢だけなら先に知らせておいても…」「既存スタッフに同じ学校出身者がいるから、事前に教えてあげよう」などと安易に考えず、適切な情報管理と保護に努めましょう。

回答:ツナグ働き方研究所

無料メールマガジンのご案内

メルマガ登録

ご登録はこちらから

採用・育成のノウハウや成功事例のご紹介、最新の業界トピックスなどをまとめたお役立ち情報を好評配信中!ご登録は無料です!

無料メルマガ登録はこちら

一覧へ戻る

採用ご担当者様・店長様向け新規無料会員登録キャンペーン!

無料メールマガジン

人材採用に関するお役立ち情報満載のメールマガジンをお届けします。

ユーザー登録はこちら

TOP