人材採用A to Z

アルバイトを採用したい!その前に知っておくべきこと - 募集手段

公開日:2014/08/26

求人広告を掲載するためには、どうしたら良いですか?

アルバイトを募集することになり、求人広告を出すことにしました。ある程度の費用をかけるからには、より良い人材がたくさん集まるようなものを作成したいと思います。ポイントや注意点を教えてください。

人材採用のお役立ち情報が満載メルマガ登録はこちら!(無料)

応募者が知りたい情報を詳細に記載しましょう。

「ここで働きたい!」と思わせる広告を

希望のターゲット像に近い人物からの応募を促進するために、どの求人メディアを使うか、いつから求人広告を出すか、どんな内容の求人広告を出すか、などを検討しましょう。

スケジュールと内容が決定したら、いよいよ広告作成です。職場の雰囲気を的確に伝える広告は、応募者が「この職場で働いている自分」をイメージしやすく、仕事に対する意欲の高い人材を集めるうえで非常に有効です。具体的には、労働条件だけでなく詳細な仕事内容や教育内容など、応募者が知りたい情報を詳細に明示し、見やすいデザインを心がけつつ、見る人の興味を引く広告が理想です。

マイナスの条件も記載

試用期間は給与が少なくなるなど、応募者にとってはマイナスの労働条件を「求人広告に書かなくても、応募者が面接に来たときに説明すれば大丈夫」と考えるのはトラブルのもとです。応募者は「広告に記載されていれば応募しなかったのに…」と、だまされたような気持ちになることもあるでしょう。
試用期間中は労働条件が異なる、残業の可能性があるなどのマイナスポイントは、隠そうとせずに実態に沿って記載しましょう。また「応募多数のために、急きょ書類選考を実施する」などといって当初のスケジュールを変更すると、広告に記載がない選考方法を不満に思う応募者は意外に多いものです。変更理由を説明するなど、丁寧な対応を心がけましょう。

回答:ツナグ働き方研究所

無料メールマガジンのご案内

メルマガ登録

ご登録はこちらから

採用・育成のノウハウや成功事例のご紹介、最新の業界トピックスなどをまとめたお役立ち情報を好評配信中!ご登録は無料です!

無料メルマガ登録はこちら

一覧へ戻る

採用ご担当者様・店長様向け新規無料会員登録キャンペーン!

無料メールマガジン

人材採用に関するお役立ち情報満載のメールマガジンをお届けします。

ユーザー登録はこちら

TOP