人材採用A to Z

アルバイトを採用したい!その前に知っておくべきこと - 求人広告のポイント

公開日:2014/08/26

店の魅力を伝えるための求人広告のポイントは?

求人広告を作成する際、仕事内容や給料、勤務時間、勤務地などの労働条件だけを提示していては求職者の目には留まりにくいと思います。詳細な労働条件の記載以外で、職場の魅力が伝わりやすくなるポイントを教えてください。

人材採用のお役立ち情報が満載メルマガ登録はこちら!(無料)

職場の雰囲気を「現場の声」として伝えましょう。

他の広告と差別化を図るには

求人広告を出す際に「代金を支払っているから」といって、労働条件のみを採用代行会社など伝え、内容を一任してしまうのはとてももったいないことです。職場の雰囲気は、実際にそこで働いている人間が一番よくわかっています。ぜひ、希望する人材に魅力を感じてもらえるようなPR文章やキャッチコピーを考えてみましょう。
広告スペースに余裕があるようなら、他のアルバイトスタッフにはどんな人がいるのか、休憩中や勤務終了後の過ごし方、職場で起きたちょっとしたエピソードなど、業務まわりの「現場の声」も盛り込んでみましょう。待遇や福利厚生に現れない情報こそ、他の求人広告と差別化を図れるポイントです。

賃金以外の付加価値をアピール

求職者の大半は「給与=お金」を得るためにアルバイトをします。しかし、お金以外の付加価値があるとどうでしょうか。例えば、アルバイトスタッフ一丸となって目標を達成した充実感や、お客さまから「ありがとう」と声をかけてもらったという喜びなどがそれにあたります。同じ給与額なら、つらい、空しいと思うよりも楽しみながら仕事をしたいと思うのが人情です。業務の魅力を的確に伝え、「楽しそう」「やってみたい」と思わせる広告作成が肝心です。

回答:ツナグ働き方研究所

無料メールマガジンのご案内

メルマガ登録

ご登録はこちらから

採用・育成のノウハウや成功事例のご紹介、最新の業界トピックスなどをまとめたお役立ち情報を好評配信中!ご登録は無料です!

無料メルマガ登録はこちら

一覧へ戻る

採用ご担当者様・店長様向け新規無料会員登録キャンペーン!

無料メールマガジン

人材採用に関するお役立ち情報満載のメールマガジンをお届けします。

ユーザー登録はこちら

TOP