人材採用A to Z

ブラックと言われない!そのための労務管理 - 福利厚生

公開日:2014/09/10

アルバイトも有給休暇が取れますか?

アルバイトスタッフから、有給休暇の申し出がありました。長期間勤めてくれているスタッフなので了承しようと思います。アルバイトでも有給休暇は取れるのであれば、法的に定められた日数などを教えてください。

人材採用のお役立ち情報が満載メルマガ登録はこちら!(無料)

条件を満たせば、取れます。

最低でも10日間

休暇を取ってリフレッシュすることは、労働者が心身ともに健全で活気ある職場づくりに役立ちます。年次有給休暇は正社員、アルバイト、パートタイマーなど雇用形態や勤務形態にかかわらず、以下の要件を満たす労働者に対し、最低10日付与されます。
(1)雇い入れの日から6か月経過していること
(2)その期間の全労働日の8割以上出勤したこと

週所定労働時間が30時間以上、所定労働日数が週5日以上の労働者、または1年間の所定労働日数が217日以上の労働者には、アルバイトであっても表1が適用されます。

週所定労働時間が30時間未満で、かつ、週所定労働日数が4日以下、または1年間の所定労働日数が48日から216日までの労働者には、表2が適用されます。

労働者の要求する時期に与える

年次有給休暇は、労働者が請求する時季に与えなければなりません。労働者が請求した時季に年次有給休暇を与えることが 事業の正常な運営を妨げる場合にのみ、使用者は他の時季に年次有給休暇を与えることができます。ただし、年次有給休暇を付与しないとすることはできません。

回答:ツナグ働き方研究所

無料メールマガジンのご案内

メルマガ登録

ご登録はこちらから

採用・育成のノウハウや成功事例のご紹介、最新の業界トピックスなどをまとめたお役立ち情報を好評配信中!ご登録は無料です!

無料メルマガ登録はこちら

一覧へ戻る

採用ご担当者様・店長様向け新規無料会員登録キャンペーン!

無料メールマガジン

人材採用に関するお役立ち情報満載のメールマガジンをお届けします。

ユーザー登録はこちら

TOP