人材採用A to Z

ブラックと言われない!そのための労務管理 - 福利厚生

公開日:2014/09/10

アルバイトも健康診断を受けさせる必要がありますか?

健康診断の時期になり、アルバイトも正社員同様に健康診断を受けてもらいたいと思いますが、アルバイトでも健康診断を受ける必要はありますか?雇用期間や労働時間など、受信する際の条件があれば教えてください。

人材採用のお役立ち情報が満載メルマガ登録はこちら!(無料)

条件を満たしたアルバイトについては、必要です。

健康診断の実施は事業者の義務

労働者に対する健康診断の実施は、労働安全衛生法第66条に基づき事業者の義務となっています。一般健康診断の対象者は、「常時使用する労働者」とされていますが、アルバイト、パートタイマーなどの短時間労働者であっても、以下の(1)~(3)までのいずれかに該当し、1週間の所定労働時間が、同種の業務に従事する通常の労働者の4分の3以上であるときは、健康診断を実施する必要があります。また、概ね2分の1以上であるときは、実施することが望ましいとされています。

実施しなければならない健康診断

(1)雇入れの際の健康診断
(2)1年以内ごとの定期健康診断
(3)特定業務に常時従事する者に対する配置替えの際の健康診断及び6ヶ月以内ごとの定期健康診断
(4)一定の有害業務に常時従事する者に対する雇入れ、配置替え、その後定期に行う特別の項目についての健康診断*
(5)その他必要な健康診断*
(*(4)(5)の健康診断については、短時間労働者の該当の有無に関わりなく、健康診断を実施する必要があります。)

回答:ツナグ働き方研究所

無料メールマガジンのご案内

メルマガ登録

ご登録はこちらから

採用・育成のノウハウや成功事例のご紹介、最新の業界トピックスなどをまとめたお役立ち情報を好評配信中!ご登録は無料です!

無料メルマガ登録はこちら

一覧へ戻る

採用ご担当者様・店長様向け新規無料会員登録キャンペーン!

無料メールマガジン

人材採用に関するお役立ち情報満載のメールマガジンをお届けします。

ユーザー登録はこちら

TOP