人材採用A to Z

ブラックと言われない!そのための労務管理 - 研修・試用期間

公開日:2014/09/10

試用期間中は条件を変えても良いでしょうか?

アルバイトを採用しました。まだ仕事に慣れていないということで、試用期間中は給料をやや下げても問題ないでしょうか?また、研修地が実際の勤務地と異なる場合、アルバイトに事前説明は必要でしょうか?

人材採用のお役立ち情報が満載メルマガ登録はこちら!(無料)

募集・採用時に伝えておきましょう。

就業規則に明記する

試用期間中の労働条件が試用期間終了後の労働条件と異なる場合、就業規則や労働契約書にそれを明記すれば問題ありません。

重要なのは、募集・採用時にアルバイトに必ず周知しておくことです。
きちんとした説明をしておくことは、採用後のトラブルを防ぐ意味でも、必要であると言えます。その明示をしないまま、試用期間中は賃金が低くなるなどの対応をすると、労働条件の不利益変更にもなりかねません。また、あまり大きく条件を変えてしまうと、良い人材を採用しにくくなる傾向にあるようです。

試用期間中は条件が異なる場合、求人広告を出す際などに明記しておきたいものは以下の通りです。

●試用期間中の雇用形態が異なる場合
●試用期間中の給与が異なる場合
●試用期間中の勤務地が異なる場合
●試用期間中の職種が異なる場合

条件が変わらなくても表示しておく

試用期間はあるが条件は変わらない場合も、試用期間があることは明記しておく必要があります。その場合は、「試用期間あり」「試用期間3カ月」等の表示で良いでしょう。

回答:ツナグ働き方研究所

無料メールマガジンのご案内

メルマガ登録

ご登録はこちらから

採用・育成のノウハウや成功事例のご紹介、最新の業界トピックスなどをまとめたお役立ち情報を好評配信中!ご登録は無料です!

無料メルマガ登録はこちら

一覧へ戻る

採用ご担当者様・店長様向け新規無料会員登録キャンペーン!

無料メールマガジン

人材採用に関するお役立ち情報満載のメールマガジンをお届けします。

ユーザー登録はこちら

TOP