人材採用A to Z

ブラックと言われない!そのための労務管理 - 研修・試用期間

公開日:2014/11/01

勤務初日前に宿題を出しても良いですか?

採用者たちを集めて研修会を開くにあたり、事前にレポートを作成してもらおうと思っています。研修会の間は時給を支払おうと考えていますが、レポート作成にかかる時間にも賃金は発生するのでしょうか?

人材採用のお役立ち情報が満載メルマガ登録はこちら!(無料)

「労働時間」にあたるかどうかがポイントです。

業務指揮命令下にあると判断されなければ、賃金は発生しない

労働基準法上の「労働時間」とは、「使用者(会社)の業務指揮命令下にある時間」「使用者の明示または黙示の指示により、業務に従事する時間」を指します。

研修の宿題として、使用者が労働者にレポートなどを要求する場合、その作成時間、場所の拘束がなく裁量的なものであれば「労働時間」ではなく「自宅学習時間」とみなされ、賃金は発生しません。

「労働時間」は賃金が発生

しかし、宿題を必須のものとしてアルバイトに強制的に命じる場合は「使用者が労働者に宿題をやらせている=使用者の指揮命令下にある」とされ、「労働時間=賃金が発生する時間」と判断されるケースもあります。

宿題を強制ではないとしていても、宿題をやらなかったことで昇格・昇給などに悪影響が生じる場合は、実質的には指揮命令下にあると同様なので、賃金が発生する要因となります。

「強制のものではない」と明記する

研修に向けてアルバイトに課す宿題を賃金の対象としない場合は、時間的にも量的にも過度に負担のかからない程度にとどめ、「必ずしも強制ではない」と明記したうえで提示するのが無難だと言えます。

回答:ツナグ働き方研究所

無料メールマガジンのご案内

メルマガ登録

ご登録はこちらから

採用・育成のノウハウや成功事例のご紹介、最新の業界トピックスなどをまとめたお役立ち情報を好評配信中!ご登録は無料です!

無料メルマガ登録はこちら

一覧へ戻る

採用ご担当者様・店長様向け新規無料会員登録キャンペーン!

無料メールマガジン

人材採用に関するお役立ち情報満載のメールマガジンをお届けします。

ユーザー登録はこちら

TOP