人材採用A to Z

こんな人を採用したい!ターゲット別採用のポイントと注意点 - フリーター

公開日:2014/09/10

フリーターを採用するための募集方法は?

アルバイトを募集するにあたり、フリーターを中心に集めたいと思っています。どんな情報を掲載すればフリーターの目に留まりやすいか教えてください。

フリーターの気持ちに寄り添った表現が有効です。

一口に「フリーター」と言っても、その背景は様々です。ご家庭の事情などでフルタイム勤務が難しい方もいれば、学校卒業後に内定を獲得できずフリーターとして勤務する方、将来の夢のためにあえて自ら非正規雇用を望む方…それぞれ理由が異なっているため、有効な訴求方法について悩まれている企業様も少なくありません。

しかし、フリーターの方の多くは「生活費を稼がなければならない」という共通点を抱えています。求人原稿内に収入例や具体的なシフト例を記載した方が良い理由は、雇用主側がその収入・シフトを「保証している」所にあります。 決まった収入を確保できることは、フリーターの方にとって大きな安心感に繋がります。また、シフトや時間帯に融通が利くかどうかも重要なポイントです。店舗の事情によってシフトの変更が難しい場合は「週に5日以上勤務できる方は時給+100円」といった制度を導入するケースも増えています。

それでは具体的に、上記の訴求ポイントを踏まえて原稿案を考えてみましょう。

――――――――――――――――――――――――

時給○円×8h×週5日×4週間=月収○万円以上可能。
週に4~5日働けるフリーターさんを歓迎しています。

お店としてもそれだけ入って頂ければ正直助かるので…
ある程度、時間帯は融通が利くように調整しています。

「基本シフトは9:00~17:00だけど○曜日は12:00~20:00」
「○曜日は休みたい」「週5日フルで働きたい」など、
あなたのやりたいことや望んでいる生活スタイルを
維持できるように、こちら側としても希望に沿う形を
取れればと考えているのでまずは一度お話してみませんか?

お会いできるのを楽しみにしています。 by店長○○

――――――――――――――――――――――――

このように、雇用主側が原稿上で収入・シフトを保証しつつ、呼びかけるように訴求することで「とりあえず行って話をしてみようかな」という気持ちを抱いてもらうことができます。大切なのは、ただ条件を緩和するのではなく、その背景にある想いを原稿内で表現することです。正直に書かれた文章は、読み手としても「なるほど」と安心感を持てるものだと思います。また、もしも身近にフリーターの方がいらっしゃる場合は、実際にお話を伺うと公募で求人する際のヒントになるはずです。

この回答は参考になりましたか?

アンケートにご協力ありがとうございました。

求人媒体の選定方法は? 定着させるためのコツは? 入社後に必要なフォローは?
そんな人事・採用担当者様の日々のお悩みに、人材業界の第一線で活躍する採用のプロがお応えします。質問の投稿・閲覧は完全無料です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

  • 採用のプロへ質問を投稿
  • ※すべてのご質問に回答できるわけではありません
    ※質問・回答は求人広告ナビのサイト上にて公開致します

    

フリーターの目的に応じた原稿を設計しましょう。

フリーターの採用において最も重要なのは、【就職までの準備期間である】or【生活費を得るための職場】という、働く目的を明確に理解することだと思います。

特に前者の【就職までの準備期間である】場合は、その企業(店舗)でアルバイトをしながら、
①「正社員になりたい」と思える魅力があるか?
②「正社員になるための知識」を得ることができる環境か?
というポイントを確認しています。そのため、このどちらかの条件が整っていると、フリーターにとって“メリットがある企業”と認識される可能性が高いです。

実際に社員登用制度のある飲食店の原稿では、
「~ができる様になった○○さんは、この10月に正社員になれました!」
「飲食業界を詳しく理解できる勉強会があります!フリーターさんも積極参加を!」
「当店の改装は、コンセプト設定を含め自分たちでやります。材料購入から」
「ご家族支援!今月は会社からご家庭に、お米を20kgプレゼント!」
「積立・退職金制度など、会社全体で将来の不安を解消できるよう頑張っています!」

など、フリーターにとってメリットと思われる要素を明記することで、採用に対する本気度を示し、応募効果が上がるケースが見受けられます。もともと就職希望の強い方であれば、こうした本気度に応えようと入社後の定着率も高い傾向にあるため、有効な訴求になると考えます。フリーター採用をお考えの際にはぜひご検討ください。

この回答は参考になりましたか?

アンケートにご協力ありがとうございました。

求人媒体の選定方法は? 定着させるためのコツは? 入社後に必要なフォローは?
そんな人事・採用担当者様の日々のお悩みに、人材業界の第一線で活躍する採用のプロがお応えします。質問の投稿・閲覧は完全無料です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

  • 採用のプロへ質問を投稿
  • ※すべてのご質問に回答できるわけではありません
    ※質問・回答は求人広告ナビのサイト上にて公開致します

一覧へ戻る

採用ご担当者様・店長様向け新規無料会員登録キャンペーン!

無料メールマガジン

人材採用に関するお役立ち情報満載のメールマガジンをお届けします。

ユーザー登録はこちら

TOP