人材採用A to Z

こんな人を採用したい!ターゲット別採用のポイントと注意点 - シニア

公開日:2017/12/12

シニアを採用するメリットは何ですか?

アルバイトの募集にシニアからの応募がありました。主婦や学生などと比べると人生経験もあり、問題もないので採用を考えています。彼らを採用するにあたり、雇用者側にはどんなメリットがあるでしょうか。

人材採用のお役立ち情報が満載メルマガ登録はこちら!(無料)

働く意欲の高さを持つ人が多い傾向にあります。

豊かな人生経験に裏打ちされた経験や技術を持ち、働く意欲も高いため、事業者にとって即戦力となる可能性が高いことがメリットのひとつだと言えます。

以下は、シニアを採用する上で得られる可能性の高いメリットです。

(1)働く意欲が高く離職率も低い傾向にあり、職場の活性化につながる

一般的に、シニアは若年層に比べ仕事を見つけにくい傾向にあります。さらに、シニアが働く理由としては「生活のため」という場合が若年層や中堅層より多く、結果としてシニアは「意欲的に働き、勤務態度が良く、辞めにくい」という、事業者にとって理想的な人材が豊富であると言えるのです。

(2)豊かな経験や技術、人脈があり、事業者にとって即戦力となる

シニアの多くは、人生の中で培ってきたノウハウ、技能・技術、人脈を、若い世代や企業に還元することを望む傾向にあり、若年層や中堅層の従業員のモラル向上やモチベーションアップが期待できます。また、経験豊富なシニアを採用することは人材育成のコスト削減になるうえ、年齢に関係なく個人の能力や成果を基準に処遇していくことにつながり、企業のイメージアップも図れます。

(3)条件が揃えば、助成金の受給が可能となる(特定求職者雇用開発助成金)

雇入れ日の満年齢が65歳以上の離職者をハローワークまたは民間の職業紹介事業者などの紹介により、1週間の所定労働時間が20時間以上の労働者として雇い入れる事業主(1年以上継続して雇用することが確実な場合に限る)に対しては、賃金相当額の一部が助成されます。助成金を受け取るためにはいくつかの支給要件がありますので、厚生労働省が運営する以下のサイトを参考にしてください。

【参考】特定求職者雇用開発助成金(生涯現役コース)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/tokutei_kounenrei.html

この質問項目に強い採用のプロ

山口純平

詳しいプロフィールを見る

★「LINEバイト」に新機能「LINEオファー」実装!本気のオファーで求職者にアプローチ!今なら【無料】でお試しできます!攻めの採用で採用率上昇中!!
※主な対応地域:東京23区、横浜市、川崎市、埼玉県下全域対応

今すぐご相談

無料メールマガジンのご案内

メルマガ登録

ご登録はこちらから

採用・育成のノウハウや成功事例のご紹介、最新の業界トピックスなどをまとめたお役立ち情報を好評配信中!ご登録は無料です!

無料メルマガ登録はこちら

一覧へ戻る

採用ご担当者様・店長様向け新規無料会員登録キャンペーン!

無料メールマガジン

人材採用に関するお役立ち情報満載のメールマガジンをお届けします。

ユーザー登録はこちら

TOP