人材採用A to Z

こんな人を採用したい!ターゲット別採用のポイントと注意点 - 主婦

公開日:2014/09/10

主婦を採用するメリットは何ですか?

アルバイトの募集に、主婦からの応募がありました。結婚や出産を機に離職したものの、家事や子育てが一段落したために働き口を探しているとのことです。そんな彼女たちを採用するメリットには、どんなことが挙げられるでしょうか。

高い柔軟性や長期就労が望めるなど、企業側にも多くの恩恵があります

人手不足に伴い、主婦の方やママさんの採用を検討される企業様・店舗様が増えています。実際、能力と意欲を持つにも関わらず、妊娠や出産を機に職場を去ってしまう女性も少なくありません。そうした方々の「もう一度働きたい」という気持ちに応えることは、企業にとって大きな恩恵があります。今回は、具体的にどんなメリットがあるかをお伝えします。

≪社会人としての経験年数が豊富≫
学生や若いフリーターさんの場合、研修でビジネスマナーや社会人としてのルールから教えなければならないケースが多いですが、主婦の方は社会人経験も数年~10年以上の方が多く、初期研修を簡略化することができます。また、経験年数ならではの高い柔軟性も魅力と言えるでしょう。

≪コミュニケーション能力が高い≫
ご近所や学校、ママ友など幅広いお付き合いにより、良好な関係を築けるコミュニケーション能力があります。実際に主婦の方を採用したことで「職場の雰囲気が明るくなった」という声も多く、運輸業など様々な業種で主婦採用の活発化が進んでいます。

≪主婦ならではの気づき・トピックが生まれる≫
販売・接客業や飲食業で多く見られるケースですが、主婦生活の実体験やママ友との会話から新しい商品・サービスが生まれることがあります。また、家事や育児と両立して働くために、日々の業務を見直して効率化を図るなど、様々な工夫が見られるのも主婦の方ならではの特徴です。

≪長期就労の傾向があります≫
当社の調査では、主婦の方の平均勤続期間は約5年となっており、雇用の安定に繋がっていることが分かります。長期的な雇用により生産性の拡大や、採用コストの削減を図ることができるでしょう。また、ほとんどの方が扶養範囲内での勤務を希望されるため、社会保険料の負担がありません。これも企業にとって大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

このように、主婦の方やママさんを採用することは、企業にとっても数々の恩恵があります。しかし残念ながら、主婦の方が安心して働ける環境整備はまだまだ進んでいないのが現状です(もちろん、企業様や店舗様によって異なりますが…)。長く勤めて頂ける可能性が高いからこそ、一人ひとりに合った勤務体系・就労条件を整えることで、さらなるモチベーションアップを期待することができます。ぜひご検討下さい。

回答者

中田真人

創設から30年以上。アルバイト・パート採用・地元採用の老舗ユメックス。お客様の社員になったつもりで採用課題に切り込みます!

詳しいプロフィールはこちら
求人のお悩みも無料でご相談可能です
(プロフィールからお問合せ下さい)

この回答は参考になりましたか?

アンケートにご協力ありがとうございました。

求人媒体の選定方法は? 定着させるためのコツは? 入社後に必要なフォローは?
そんな人事・採用担当者様の日々のお悩みに、人材業界の第一線で活躍する採用のプロがお応えします。質問の投稿・閲覧は完全無料です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

  • 採用のプロへ質問を投稿
  • ※すべてのご質問に回答できるわけではありません
    ※質問・回答は求人広告ナビのサイト上にて公開致します

長く働けることから、店長候補の筆頭に挙がることも

主婦の方を採用するうえで多くの人事担当者様が懸念されるのが、「家事や育児のために欠勤が増えるのではないか」ということ。それでは実際に、主婦の方が働く“理由”について考えてみましょう。多くの主婦の方は、“生活費の足しにしたい”という理由から新しい就労先を求めています。「子どもの塾の月謝」「学費」「マイホームの購入」など目的は多岐にわたりますが、家事・育児を含む日常生活を充実させたいという意思があるため、簡単にお休みしたり退職したりというケースは意外と少なくなっています。

その結果、長期的な活躍を期待できるので、採用コスト・教育コストを大幅に削減できる可能性があります。実際に、「勤務先で一番長く在籍しているのはパートさん」という企業様・店舗様も多く、ある飲食店では長く働いてくれたパートさんをパート店長に昇進した事例もあるそうです。

≪パートさんが店長になったことで生まれたメリット≫
長年の経験を積んだパートさんを店長に昇進したことで、企業側にも多くのメリットが生まれました。お店のことはもちろん、お客様の特徴を誰よりも知っているので、レイアウト変更やポップ作成など、「お客様に合わせた店内づくり」を実施し、売り上げを大幅に拡大したそうです。スタッフからしても、長い間一緒に働いてきたパートさんが店長になることで、コミュニケーションを取りやすくなり、モチベーションアップに繋がったのではないでしょうか。

もちろん、主婦の方が能力を存分に発揮できるかどうかは、企業側の受け入れ態勢によるところも大きいです。例え短時間の勤務だとしても、決められた時間内に最大限のパフォーマンスを引き出せるよう、一人ひとりの能力・希望をしっかり見極めることをオススメします。「これから初めて主婦の方を採用する」という場合は、ぜひ一度ご相談頂ければと思います。募集から採用、入社前後の準備や教育方針の策定など、できる限りサポートさせて頂きます!

回答者

岡田かおり

人材業界で10年目を迎えました。担当させて頂いたクライアントは多岐にわたります。アルバイト・中途採用に新卒採用に全てワンストップでご提案させて頂きます。

詳しいプロフィールはこちら
求人のお悩みも無料でご相談可能です
(プロフィールからお問合せ下さい)

この回答は参考になりましたか?

アンケートにご協力ありがとうございました。

求人媒体の選定方法は? 定着させるためのコツは? 入社後に必要なフォローは?
そんな人事・採用担当者様の日々のお悩みに、人材業界の第一線で活躍する採用のプロがお応えします。質問の投稿・閲覧は完全無料です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

  • 採用のプロへ質問を投稿
  • ※すべてのご質問に回答できるわけではありません
    ※質問・回答は求人広告ナビのサイト上にて公開致します

一覧へ戻る

採用ご担当者様・店長様向け新規無料会員登録キャンペーン!

無料メールマガジン

人材採用に関するお役立ち情報満載のメールマガジンをお届けします。

ユーザー登録はこちら

TOP