人材採用A to Z

こんな人を採用したい!ターゲット別採用のポイントと注意点 - 主婦

公開日:2014/09/16

主婦を採用するための募集方法は?

アルバイトを募集します。社会人経験もあり、長期にわたって働いてくれる可能性が高い主婦を集めたいと思っていますが、効果的な募集方法はありますか?主婦に好印象を与える広告作成のポイントも教えてください。

人材採用のお役立ち情報が満載メルマガ登録はこちら!(無料)

主婦が集まる場所中心に広告を出す

フリーペーパーは、スーパーマーケットやショッピングセンターなど、主婦が日常的に行く場所に置いてあることが多く、目に留まりやすい傾向にあります。新聞折り込み広告は、自宅から出ずに求人情報を確認できるため、主婦が家事の合間にゆっくり見ることができます。WEB上では求人サイトのほか、コミュニティサイトやメーリングリストなども利用することがあるようです。
自宅の近くで勤務する傾向にあるため、店頭での張り紙や、役所・小児科・幼稚園の近くなど、近所の主婦が集まる施設へのポスター掲示も効果が見込まれます。

同居する家族に配慮した情報を掲載

主婦をターゲットに求人を行なう時のポイントの一つには、同居する家族に配慮した情報を掲載するということがあります。

(1)主婦が働きやすいような勤務シフト例を掲載し、シフトの融通が利くことをアピールする
(2)時短勤務や子どもの行事を考慮した休みがとれるなど、ライフスタイルに合わせた働き方を訴求する
(3)職場に主婦がいればその旨を表記し、同じ立場のスタッフがいることを伝えて安心感を与える
(4)具体的なキャッチコピーをつけ、家事の合間にも働けるイメージを持たせる
<具体例>午前中勤務の場合は「朝働いて午後は家事ができます!」、日中勤務の場合は「お子さまのお迎えにも間に合います!」など

主婦の「扶養・控除の範囲」を考慮したシフト調整を

可能であれば、子連れでの面接をOKと表記しましょう。子どもに配慮した広告標記をすることも、主婦からの応募を増やすことにつながります。また、主婦は扶養・控除の枠内で働きたいと希望する場合もあるため、本人の希望よりも多く勤務してもらおうと提案する場合は注意が必要です。

■関連記事

回答:ツナグ働き方研究所

無料メールマガジンのご案内

メルマガ登録

ご登録はこちらから

採用・育成のノウハウや成功事例のご紹介、最新の業界トピックスなどをまとめたお役立ち情報を好評配信中!ご登録は無料です!

無料メルマガ登録はこちら

一覧へ戻る

採用ご担当者様・店長様向け新規無料会員登録キャンペーン!

無料メールマガジン

人材採用に関するお役立ち情報満載のメールマガジンをお届けします。

ユーザー登録はこちら

TOP