これだけは知っておきたい!アルバイト・パート関連 労務・法律知恵袋

賃金・収入

公開日:2014/09/24

最低賃金

アルバイトやパートを雇用する際、お給料の決め方はどうしたらよいでしょう。最低賃金には各都道府県で定められているものと特定の産業を対象として定められるものの2種類があります。ここではそれぞれの最低賃金について説明します。

同時適用の場合は高い方を適用

最低賃金制度は、賃金が安くて生活ができない労働者がでることを防ぐため、最低賃金法に基づいて国が賃金の最低限度を定め、企業はその額以上の賃金を従業員へ支払わなければならないとする制度です。最低賃金には、産業や職種にかかわりなく、都道府県内の事業所で働く全ての労働者とその使用者に対して適用される「地域別最低賃金」と、地域別最低賃金より金額水準の高い最低賃金を定めることが必要と認めるものについて、特定の産業を対象に定められる「特定(産業別)最低賃金」があります。 地域別最低賃金と特定(産業別)最低賃金の両方が同時に適用される場合は、高い方の最低賃金額が適用されますので、最賃割れがないように確実にチェックを行っておきましょう。

■参考リンク

中川公認会計士税理士事務所

中川公認会計士税理士事務所

平成17年開設、公認会計士・税理士・社会保険労務士など各分野の専門家が在籍し、会社設立業務・税務代理業務から株式公開支援業務・事業承継サポートまで幅広くお手伝いさせていただいています。経営革新等支援機関に認定され融資にも強い実績があります。
また、業務規則作成業務や各種規則見直しなどの労務関係の提案・助成金申請代行業務など幅広く関与させていただき、常に「お客様目線でサービスできる会計事務所」を心がけております。お気軽にご相談ください。 (中川公認会計士税理士事務所ホームページ

一覧へ戻る

採用ご担当者様・店長様向け新規無料会員登録キャンペーン!

無料メールマガジン

人材採用に関するお役立ち情報満載のメールマガジンをお届けします。

ユーザー登録はこちら

TOP