業界トピックス

雇用・採用

公開日:2018/01/04

人材採用のお役立ち情報が満載メルマガ登録はこちら!(無料)

【採用成功事例】応募4件⇒20件!ターゲットの共感を呼ぶ原稿に劇的改善(飲食店/食堂)

「初心者・未経験者歓迎!」
アルバイト募集広告でよく目にするキャッチコピーです。最低賃金や募集時給など人件費が大きく膨らむなどの理由により、時給で他社との差別化を図るのも難しくなっているなか、求職者に対して応募の間口を広げた手法といえます。今回ご紹介するのはその応用編、募集職種の業務を時間帯によって分解し、募集広告内で明記することで応募者を5倍にした事例です。

募集背景・課題食堂のスタッフ募集。多くの応募者を集めるべく間口を広げた募集を行っていたが大きな効果は得られず、応募数が少ないことが課題となっていた。さらに他の飲食店と比較した際の働くメリットが不明確な点も改善する必要があった。

採用のプロがココを解決!営業担当の市田悠子さん(株式会社フロム・エージャパン)は、時間帯ごとに業務分解しターゲットの共感を呼び起こす原稿を作成し、それまでの5倍もの応募者獲得に成功します。

時間帯ごとに業務分解しターゲットの共感を呼び起こす まず「誰でもいいから来てほしい」を、「こんな人なら活躍できそう!」というターゲットに絞る!という意識改革を経て、ターゲットに向けた訴求ポイントを徹底的にこだわった原稿を作成。

1.業務分解
⇒時間帯ごとに、どんな業務がメインになるのかを明確に表記。求職者に、より仕事内容をイメージしてもらいやすくした。
(例)
9:00~10:30 野菜の皮むき
10:30~11:30 小鉢の盛付
11:30~14:30 オーダーとり・配膳
14:30~15:30 食器の片づけ

2.求職者の不安を払しょく
⇒原稿内に現在のスタッフの志望動機を記載。そうすることで、求職者の「自分にもこの仕事がちゃんとできるのか?」という不安を解消してもらいやすくした。
(例)
「家が近かったので応募しました(笑)。職場の友達もできて、楽しく仕事ができています」(40代主婦Aさん)

結果 応募20件⇒面接14件⇒採用3名。

採用が難しいと言われる飲食業界で応募20件以上を獲得!今まで慢性的に足りていなかった人材を確保できたので、しばらく採用の予定はなくなったが、人が必要になったときには「また次も絶対市田さんでお願いします」とのお声をお客様からいただきました。

求職者に仕事のイメージを沸かせることが、応募者確保に直接的に有効であることを実証した市田さん。求人広告ナビには様々な業種・条件の採用成功事例を持つ、人材業界の第一線で活躍する求人広告・採用のプロが多数参加しています。求人や採用に関してお困りの事がございましたら、ぜひ相談してみてはいかがでしょうか?ご相談は無料、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

今回ご紹介した採用成功事例を持つ「採用のプロ」はこちら

市田悠子

詳しいプロフィールを見る

【アルバイト採用成功率91%!採用できるまで提案・伴走いたします】飲食店や販売、ビルメンテナンス系の採用を中心にお手伝いさせて頂いております。ご掲載~採用後の振り返りまで、しっかり伴走させてください!
※主な対応地域:東京23区全域対応

今すぐご相談

飲食・フード業界に強い採用のプロを探す(求人広告の掲載、採用に関するご相談はこちら)

求人広告ナビ運営事務局へ問合せ

一覧へ戻る

採用ご担当者様・店長様向け新規無料会員登録キャンペーン!

無料メールマガジン

人材採用に関するお役立ち情報満載のメールマガジンをお届けします。

ユーザー登録はこちら

TOP