業界トピックス

その他

公開日:2017/11/28

人材採用のお役立ち情報が満載メルマガ登録はこちら!(無料)

【コラム】外国人採用 外国人の国際送金について

日本で働くベトナム人の多くが、稼いだお金を祖国に送金するそうです。今回はベトナム人の海外送金について、株式会社asegonia/アセゴニア(http://kyujin-saiyo.net/agency/asegonia)代表取締役社長の井上氏に教えていただきます。


さて本日のテーマは送金についてお送りさせて頂きます。
昨今、増え続けるベトナム人留学生が日本にくる目的は大きく2つに分けられると筆者は考えます。その一つ目は、将来のビジネスチャンスを見据え日本語を覚えるための来日。そして二つ目は、ズバリ稼ぐため。さらに親日が被さり、日本へ来ることは最高の環境となります。

来日したベトナム人がお金を稼ぐ理由は様々です。日本に来るときにかかった費用の返済、家族への仕送り、自分への投資。人により、様々な要因はありますが、祖国ベトナムの家族などに送金します。

そして、その稼いだお金は日本に貯蓄することを嫌い、祖国へ送ります。問題なのはその送り方です。通常、メガバンクの海外送金を使うと手数料で1万円弱がかかります。せっかく稼いだ金銭を1万円もの手数料をかけて送ることは不毛。となると、残念ながら、出て来るのが不正に海外送金を行う地下銀行です。

私の知る限り、最安値は高田馬場にある地下銀行で、10万円をベトナムに送ると500円程度の手数料です。ちなみに当時の調査によると、チリ人が経営していました。ここがシェアナンバーワンと聞くと、なんとも複雑な気持ちになります。

仕組みはシンプルで、予約して10万円を持っていき、同時刻にベトナムで受け取りの人間も窓口に行きます。日本で手数料とともに10万円を渡したことを確認すると、ベトナムで手数料を差し引いて渡すという流れです。手数料は両取りでした。もちろんこれら地下銀行が摘発されることも多々あります。

海外に不正な手口で資金を送る「地下銀行」を営んでいた疑いで神奈川県警に逮捕されたのは、日本で介護施設職員として働いていたベトナム国籍の男でした。フェイスブックを通じて“顧客”を集めており、同胞の別の犯罪グループが収益金の送金に利用したこともあったとも報道されています。地下銀行の運営は「少し知識があれば、誰でもできてしまう」のが現状のようです。銀行法違反(無免許営業)の疑いで逮捕された、ベトナム国籍の介護施設職員、ホアン・タイ・ソン被告(25/東京都大田区)は、「違法と知りながらも、知人からの頼みで断れなかった」と、容疑を認めています。(今年3/4 産経ニュース)

同記事によると、被告は平成27年12月から28年10月までの間、約30回にわたりベトナム国籍の男女からの依頼で、日本国内にある自身の銀行口座宛てに現金を入金させたうえ、同額をベトナム国内で保管していた資金から依頼人の指定口座に支払ったとされています。営利目的ではなかったそうですが、介護福祉士の資格取得のために懸命に学んでいたとの周囲からの良い評価も得られていただけに、なんのために日本に来ているのかわからなくなってしまう残念な事態ですね。

しかし多くの学生は、合法的に送金する手段や、信頼できる友人に預けているのも事実です。今後、日本の銀行各社も手数料の引き下げや、利便性の追求をすべきとも思います。拡大する市場であることも確かであるのですから。
とにもかくにも、今回の金融、送金にのみならず、各方面で日本の国際化への対応は急務と思われる日々です。

今回ご紹介した「採用のプロ」はこちら

波田野倫子

詳しいプロフィールを見る

外国人人財専門です。外国人のリスクをしっかりと把握した上でのご提案を得意としています!不安なことは事前に全て解決してしまいましょう!一般的なご相談から、法的なご不明点まで、なんでも相談してください。
※主な対応地域: 東京都下全域、横浜市全域、川崎市全域、さいたま市全域対応

今すぐご相談

-外国人募集の実績を持つ採用のプロを探す(求人広告の掲載、採用に関するご相談はこちら)

無料メールマガジンのご案内

メルマガ登録

ご登録はこちらから

採用・育成のノウハウや成功事例のご紹介、最新の業界トピックスなどをまとめたお役立ち情報を好評配信中!ご登録は無料です!

無料メルマガ登録はこちら

一覧へ戻る

採用ご担当者様・店長様向け新規無料会員登録キャンペーン!

無料メールマガジン

人材採用に関するお役立ち情報満載のメールマガジンをお届けします。

ユーザー登録はこちら

TOP