業界トピックス

業界ニュース

公開日:2018/03/05

人材採用のお役立ち情報が満載メルマガ登録はこちら!(無料)

2019年新卒採用を行う人事・6割以上が「説明会前に採用ホームページを確認して」(プレシャスパートナーズ調査)

求人広告ナビにもご掲載いただいている、株式会社プレシャスパートナーズ様の人事・新卒採用担当者向けアンケートの調査結果が2月28日にリリースされました。

■株式会社プレシャスパートナーズ様: https://kyujin-saiyo.net/agency/p-partners

※下記プレシャスパートナーズ様リリースより転載

就職・転職支援サイト『アールエイチナビ』( https://www.rh-navi.jp/ )を運営する株式会社プレシャスパートナーズ(本社:東京都新宿区、代表取締役:高崎 誠司)は、2019年度の新卒採用を行う企業の人事300人を対象に「採用ブランディングに関する調査」を実施しました。

調査結果 概要

■8割以上が採用ホームページから直接エントリーが届いたことがある
■採用ホームページから直接エントリーがあった求職者は企業理解度が高いと8割以上が感じている
■自社の説明会までに学生にチェックしてほしいのは「採用ホームページ」

調査結果 詳細

■6割以上が自社の採用ブランディングに課題を感じていると回答

6割以上が自社の採用ブランディングに「課題を感じている」と回答(66.3%)。次いで「課題は感じていない」(17.7%)、「どちらとも言えない」(16.0%)となっています。

■採用ブランディングで課題を感じている部分は「効果があるのかどうかわからない」が最多(課題を感じていると回答した方のみ)

採用ブランディングで課題を感じている部分は「効果があるのかどうかがわからない」の回答が最多(65.3%)。次いで「どのツールを使って発信したらよいかわからない」(20.6%)、「発信する時間がない」(7.0%)となっており、採用ブランディングが注目される中でも効果に課題を感じている企業が増加しています。

■6割以上が採用ブランディングは優秀な人材を獲得するのに「影響を及ぼす」回答

6割以上が採用ブランディングは優秀な人材を獲得するのに「影響を及ぼす」と回答(65.7%)。「影響を及ぼさない」(12.0%)、「どちらとも言えない」(22.3%)となっていますが、採用ブランディングを高めていくことが今後も重要視されていくと言えそうです。

■半数以上が企業理解度の向上・マッチングに効果的なツールは「採用ホームページ」と回答

過去の新卒採用において、企業理解度の向上・マッチングに効果があったと感じるツールは全体の約半分が「採用ホームページ」と回答(51.0%)。次いで「採用パンフレット」(25.3%)、「企業説明会用の映像・動画」(18.0%)となっております。

■7割以上の企業が採用ホームページを「作成している」と回答

7割以上が「採用ホームページを作成している」と回答(74.3%)。採用ホームページは会社の雰囲気や採用情報を求職者へ届けることができるため、差別化を図るためには採用ホームページを作成することが必須だと言えそうです。

■7割以上の企業が採用ホームページから直接エントリーが「届いたことがある」と回答(採用ホームぺージを作成していると回答した方のみ)

7割以上の企業が採用ホームページから直接エントリーがきたことが「ある」と回答(75.8%)。求人媒体だけでは伝えきれない会社の魅力や求める人物像をより詳しく発信することができるため、求職者の理解を深め、エントリーに繋がっていると考えられます。

■採用ホームページからエントリーがあった8割以上の企業が、求職者の企業理解度が「高いと感じる」と回答(採用ホームぺージからエントリーがあったと回答した方のみ)

採用ホームページからエントリーがあった8割以上の企業が、求職者の企業理解度が「高いと感じる」と回答(81.7%)。ミスマッチが問題視されている中、ミスマッチを軽減するために採用ホームページの作成は、企業側と求職者側の双方にとっても必要だと言えそうです。

■6割以上が採用ホームページを閲覧して入社した社員の定着率は「高い」と回答(採用ホームページを作成していると回答した方のみ)

6割以上が採用ホームページを閲覧して入社した社員の定着率は「高い」(62.3%)と回答。その他には「どちらともいえない」という声もありましたが、入社後のミスマッチを解消するためにも採用ホームページを活用して、企業の情報を発信することが求められそうです。

■自社の説明会までにチェックしてほしいのは採用ホームページ

6割以上が自社の説明会までに閲覧してきてほしいものは「採用ホームページ」と回答(60.3%)。次いで「インタビューなどの掲載記事」(27.0%)、「Facebook」(15.3%)となっています。学生は説明会までに採用ホームページを閲覧、あわせてインタビューなどの掲載記事やFacebookなどもチェックする必要がありそうです。

【総評】

今回の調査では、 7割以上が自社の採用ホームページを作成していることが分かりました。

さらに、採用ホームページを作成している企業の7割以上が直接エントリーが「届いたことがある」と回答し、そのうち8割を超える企業が直接エントリーした求職者の企業理解度は「高いと感じる」と回答しています。

インターネット経由で得られる情報が大量に増えている時代だからこそ、企業側がリアルな企業の情報を発信することが、入社後のミスマッチの軽減につながるといえそうです。

【調査概要】

調査名 :採用ブランディングに関するアンケート
調査方法 :インターネット調査
調査期間 :2018年2月14日~2月15日
調査対象 :従業員300人未満の2019年度の新卒採用を行う企業の人事担当者
有効回答数:300名

アールエイチナビの掲載に関するご相談はこちら(採用のプロを探す)

無料メールマガジンのご案内

メルマガ登録

ご登録はこちらから

採用・育成のノウハウや成功事例のご紹介、最新の業界トピックスなどをまとめたお役立ち情報を好評配信中!ご登録は無料です!

無料メルマガ登録はこちら

一覧へ戻る

採用ご担当者様・店長様向け新規無料会員登録キャンペーン!

無料メールマガジン

人材採用に関するお役立ち情報満載のメールマガジンをお届けします。

ユーザー登録はこちら

TOP